ごじゅぶろぐ
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「ミートショップサトウ」のメンチカツ | main | 壁紙だー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
友だちの結婚


13年来の親友が結婚することになった。祝
奴を初めて見たとき、鼎瀬▲丱坤貊だと思った。
(もちろん今でも隠れアバズレ女なのだけど)
当時の彼女の服装は「原宿・竹下通り」という名前がとても相応しい姿だった。
150cmない小柄な身長に、か細い手足。
抜けるような白い肌をしていて、ワンレンのサラサラヘアーで顔の半分を隠し、いつも赤い口紅をつけていて、MotorCycleという赤い文字とワシの絵が描いてある黒いタンクトップを着ていた。
下半身はエナメルの超ミニスカートで、赤いカラータイツの上から黒い編みタイツを穿き、ヒール10cmはあろうかというエナメルの編み上げブーツを穿いていて、腕には何十にも重ねた銀色のブレスレットがジャラジャラ音をたて、耳にはたくさんの輪っかとチェーンが飾ってあった。
(こんな中学生が世の中にいるのか、お前はSHOW-YAか!)と親御さんを心配した。

当時まだ若者達の間ではバンドブームが盛んで、中高生達はブルーハ―ツがかっこいい、いやジュンスカだ、いやエックスだってばという会話が普通だった頃、奴は一人だけMETALLICAと書かれた学生カバンを持って学校に通っていた。
渋いというより狂っている。
女子中学生のカバンに「METALLICA」と書いてあるのだ。考えられん。
奴は「エックス?はいはい。GUNS N'ROSESカッコいいべ。スラッシュ渋いべ」だの、「SKID ROWのライブに行こう。セバスチャン・バックの顔は綺麗だ」だの、「MOTLEY CRUEを聴け」だの、「Mr.Bigは素晴らしい」だのと、HR/HM界のデータを私に色々吹き込んできた。
そのくせ、エックス時代のhideにサインしてもらったという黒いカバンは超お気に入りの様子であった。

いつも「新しい彼氏が出来た」と言っては私に会わせるのだけど、決まって金髪の長髪しかやってこない。時には緑の髪の毛をしたのまでいたし、「もう一枚着ているのですか?」というほどの両腕ビッシリタトゥの人とかもいた。
毎日のように新宿二丁目などで朝まで飲んで騒いでむちゃくちゃな生活を一緒に過ごした。
実際に危ないこともたくさんあったし、傷つけられたりしたこともあったけど奴はいつもケラケラ笑っていた。単なる馬鹿なのだ。

2年前、その親友が「彼氏が出来たから紹介するので時間を作ってくれ」と言ってきたので席を設けたことがあった。
肝心の相手の彼はプログラマーで年下だという。過去の話は一切してくれるなという禁句事項も出ていた。
で、実際に連れて来た結婚相手は金髪の長髪じゃなく、金髪の長髪どころか、色白で痩せた黒ぶちメガネの童顔で無口で微笑んでいるタイプ。
そんな人がちょこんと親友と並んで立っている。
一目見たとき、「なんでしょ・・なにか御用ですか?」と聞きたくなるほど場違いというか不釣合いなカップルだった。
彼を初めて見た私は驚いて固まる。親友はそんな私を見て照れている。気持ち悪いのだ。
「まぁそういうことなんで・・・」とか言ってるし。なんだそれ。

話を色々聞いてみると、驚いたことに彼は女性と付き合うのが初めてで、最初の頃のデートはドライブして横浜まで行き、星空を眺めているだけというふざけた交際をしており、体の相性を確かめ合うのに3ヶ月もかけたという人で、現在は相性がうまくいったのかぞっこんLOVEだということ、しかし彼女との交際を母親に反対されていること、加えて、彼女とのデート中、彼に母親から「革靴買ってあげるから帰っていらっしゃい」と言われ、本当に彼女をおいて帰ってしまったり、デートに彼が現れないので彼女が電話してみると、彼は家で母親が作ったというロールケーキを食べていたなどという素敵なエピソードを持つ彼なのだ。
そんな話を2時間ほどしているときも、彼は「はい」としか答えず、常にニコニコしていた。気持ち悪いのだ。ただのマザコンじゃないか。もう言ってしまえ。

そんな話をニコニコしながら聞いている親友は「最近は車を飛ばして富士急ハイランドでスケートをしている。」とか言いやがる。なにがスケートか。似合わんのじゃ。
と、言いつつもアバズレが真っ当な人と付き合って、まともな人間に生まれ変わる瞬間を垣間見れて、正直なところ安心していた。

この前もその二人がデート中ゲーセンでコインゲームをして遊んでいたとき、若いヤンキーカップルが突然寄ってきて、「席どけろや」とケンカを吹っかけ、彼の肩に手を置いたとき、彼女が「小僧!」とヤンキー男のムナグラを掴んで殴りかかろうとしたらしい。その時も彼は一生懸命謝って穏便に事を収めていたらしい。彼はなんて大人で、おまえはなんて情けない奴なんだ。

そんな彼女と彼が9月に結婚する。
私はその間もずっと彼に「あんたは騙されている」と何度も言ってきたのに、ニコニコして言うことを聞かないからもう諦めた。
お互いにどっか頭がおかしいからうまく行くのかもしれない。目出度いことはよいことだ。
| 戯言 | 18:40 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:40 | - | - |
。゜(゚´Д`゚)゜。
漏れも容姿・挙動がコンプレックスなので、
ブログ読んでめっちゃ元気出ました!
名も知らぬごじゅっこさんの親友と、その彼に
祝福を!
| よみとばし | 2004/06/07 7:04 PM |
ごめんなさい。
たしか小室哲哉ブームの当時
中学校のサブバッグに
VAN HALENのピンバッジとかつけてました_| ̄|○
| くじ | 2004/06/07 8:51 PM |
ぶっちゃけよっぽどの友人で無い限り、知り合いの結婚って嬉しくないんですよね。

やれ、お祝いの飲み会だ
式の当日に二次会だ
お祝い金だ

面白くもなんともねぇ。

と、屈折した二十代後半。
| ししし | 2004/06/08 12:07 AM |
メタリカ!ガンズにモトリーにスキッドロウにミスタービッグですと!
すばらしきバタ臭さ!あとDizzyMizzLizzyあたりあると最高なのですがってわかりませんね。

キミ、ABBAZURE言い過ぎ!ステキ!
| 犬 | 2004/06/08 2:52 AM |
>よみとばしさん
人間の容姿云々が問題になるのは20代までという定説は本当かもしれない。
いや、ほどほどに手を抜かないのは大事だけど。

>くじさん
ピンバッジならまだマシですって!奴は手書きっすよ?!手書き。

>しししさん
確かに金掛かるからよく知らない人の式に行くのはねぇ・・
会った記憶もない親戚とかねぇ

>犬さん
ABAZURE言い過ぎって他の人にも言われた!しかもとても嬉しそうに!
| ごじゅっこ | 2004/06/08 11:13 AM |









http://flash50.jugem.cc/trackback/133